2009年08月28日

廃天ぷら油の回収活動

NPOふれ愛さやまで実施している「廃天ぷら油」の回収活動は、最近になってかなり市内で知られるようになった。公民館や市役所南館などでも回収箱が一杯になる期間が短くなっている。狭山駅前のNPOの事務所にも殆ど毎日1本のペットボトルが入るようになった。もうすぐ、回収した廃油の累計はドラム缶5本になると思われる。これだけの量がリサイクルされたのだから、地球温暖化の防止や、下水道の汚染防止には大いに役立っている筈である。協力団体を増やしてもう少し回収拠点を増やしたい。回収箱には「ペットボトルにお入れ下さい」としているが、現在のところ色々な容器に入れられている。取扱上、ペットボトルが一番有難いが、それよりも廃天ぷら油の処理に困っていて本当に助かるとの言葉を聞いたほうが嬉しい。ペットボトルへの詰め替えが邪魔くさいのだろう。徐々に変わってくることを期待したい。
ペットボトルからペール缶への注入の為の道具を中岡君が作ってくれたので、作業がスムースに出来るようになった。ボランテイア活動は人に言われるのではなく、自分から積極的に実行することに意義がある。まさに自己実現の欲求の充足である。他のボランテイア団体の協力を待ち望んでいるのだが、この方はいまだしの感がある。
2009-08-24 12-16-45_0002.JPG廃油注入器具.JPG
posted by kazchamman at 23:50| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

駅前の花への散水作業

遅い梅雨が明けた。今年の梅雨明は観察史上で一番遅かったようである。現在、NPOふれ愛さやまでは高野線の狭山駅前のフラワースポット、ロータリ周辺の花壇、それに府立狭山池博物館の花壇に花を植えている。花を植えるのは1日で済むが、花を咲かし続けるのには、真夏だと殆ど毎日水をやる必要がある。水やり時刻が少し遅れると、花は疲れたように萎んでくる。今日の水やり作業は狭山池博物館と狭山駅前に別れた。久しぶりに、駅前を担当した。駅前の水やり作業は1時間弱はかかる。池博物館へ行った2人から連絡があり終了したという。自ら進んで始めた花一杯運動である。ささやかな自己満足に過ぎないが、小さな花に教えられることが多い。「花の命は短くて苦しき事のみ多かりき・・・・・・」しかし、人間は「人の命も短いが愉しきことばかり多かりて・・・・・・」無事に古希まで辿りつけた自分を褒めたい。
2009-08-13 18-26-43_0003.JPG駅前の花.JPG
posted by kazchamman at 12:21| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

訪問介護事業所の動向

NPO活動の一つとして、訪問介護事業所を開設して来月(8月)で丸5年が経過する。この事業はあくまでも、4つの活動(@保健・医療・福祉の増進、A社会教育の推進BまちづくりC環境保全)の内の1つ。訪問介護事業所を運営しながら、他の活動も実践して行くものである。訪問介護事業はNPO活動の中核の事業であるが、開設当社からの赤字が累積してきた。そして昨年度は更に赤字が増えたのは、その他の活動(花植えや廃天ぷら油の回収)に費用が嵩んだ結果である。訪問介護の収入は2年間マイナスだ。利用者数が減少したことと、要介護者が要支援者になり、サービスが月間定額になったのも響いている。売上が減少しても、関連する経費は減らない。事務所維持の為の固定費の節約が難しい。先般、国保中央会から、08年度の介護保険の給付状況が発表された。それによると、訪問介護が05年の介護保険法の改正の影響を一番強く影響されている。05年度には7146億円だった介護費が06年度は6859億円、08年度は更に落ち込んで、6634億円。当方の売上も前年比30%ダウン。営利を追求する為に設立してのではない当NPO、小規模でも誠実に運営しようとしている活動なのに赤字が累積するのは残念である。
posted by kazchamman at 13:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラオケテープの寄贈

リタイアして直ぐに、市立公民館でのカラオケクラブ(歌鶯会)に所属して凡そ十年になる。その後地区の池尻さくら会(老人会)の睦会にも参加。健康保持のために役立っている。その睦会の仲間である中岡源治さんからカラオケテープとデイスクの寄贈を受けた。NPO法人のふれ愛空間で使用する可能性がある(古いカラオケセット準備済み)ので、有り難く頂戴することにした。大きな声で演歌を歌うのは心身ともに大変良い。最近の演歌は誰もが歌いやすいように作られている。同じような歌詞やメロデイーが出てくるが、高齢者にはやはり「演歌」が似合う。歌詞が分かりにくくて、早いテンポの最近の歌には高齢者はとてもついてゆけないし、少しも面白くない。古希までの10年、「カラオケ」と付き合ってきた。これからも仲良くしたいものである
中岡様寄贈カラオケ.JPG
posted by kazchamman at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

市内の介護事業所の連絡会に出席

7月16日(木)、市役所の3F会議室で開催されたヘルパー部会の連絡会に出席をした。市内の訪問介護事業所が毎年、担当事業所の持ち回りで会合しているものである。若いMさん(介護職員基礎研修修了者)と一緒に参加した。それぞれ多忙とはいえメンバーの出席者が少ないのはいささか残念である。折角の情報交流の機会なのだから、有効に活用すべきだ。施設に在職する総合相談員の関連制度に関する解説もあった。もっと虚心坦懐に情報交換、情報交流を推進した方が良いのだが。
2009-07-16 14-44-41_0001.JPG
posted by kazchamman at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

池博物館の花壇での花植え活動

先般準備をしていた「花壇」に7月14日(火)に花植え作業を実施した。この狭山池博物館は今年の4月から、大阪府、大阪狭山市と市民団体との協働によって運営されている。大阪府の厳しい財政状況から、府関連施設の大幅な見直し作業が知事の下で実行された。幸いにも、市長他関係者の努力が実って、史跡名勝狭山池の北堤に造られた「博物館」の存続が決まり、市民団体も協力することになった。市は歴史資料館を博物館に移して関連費用の節約をし、府も人件費などを節減し、市民団体の協力により運営されている。今回は市民団体の窓口となっている「狭山池まつり実行委員会」からの依頼で、他の民間団体と分担して美化活動を実施。府の認可を得ているNPO法人ふれ愛さやまとして、少しでも協働作業に参加できるのは嬉しいことである。地元住民がもっともっとこの博物館に興味と愛着を持って、近隣市町村、他府県、はたまた外国にまで広くPR活動を広めることが出来ればベストである。
花植え作業.JPG花植え作業メンバー.JPG2009-07-14 18-05-16_0003.JPG
posted by kazchamman at 23:28| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

狭山池博物館での花植え準備

7月12日(日)、昨日はメンバー2人が、花などを購入したので、今日は現地へ準備作業に出掛けた。池博花壇.JPG2009-07-12 12-28-00_0004.JPG
梅雨の谷間、暑い一日、材料を入手の為に再び、花や土を購入。7月14日(火)午前中の植栽作業の準備をした。夏季は、花を植えるのは簡単だが、毎日の水やりが大仕事である。だから、花を植えると約束したら、当然に水やり作業も付いてくることを覚悟しなければいけない。
posted by kazchamman at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南河内地方誌の記事

少し前に、金剛登山の時に取材を受けた時の雑誌が筆者の北川さんから送られてきたので、登山の時に皆に見せた。3ページに亘る記事は上手くまとめられていて、写真に載っている各位は大いに満足していた。会員は60-70歳の高齢者であるが、登山をしているだけあって、皆平均以上に元気である。元気だから登山をするとも云えるが、登山を続けているから大変元気であるとも考えられる。とまれ、元気が一番。好奇心を持って、何事にもチャレンジがわがモットー。今さら有名人になる必要もないし、その気もないが、愉しい思い出を作るのがわが人生。この記事も我が人生の3頁にしておく。
posted by kazchamman at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

狭山駅前花一杯運動始動

7月6日(月)午後4時から、狭山駅前のロータリー部に花を植え始めた。花は事前に購入していたし、施肥は2週間ほど前に完了してて後は植えるだけの段取りになっていたので、2時間ほどで植え終わった。自転車に乗っていたおじさんが立ち止まって、良いことをしているね。市は知っているのやろ?と聞くので、「ボランティアでやっています。市には勿論云っています」と答えておいた。おじさんは感心しながら去っていった。やはり誰が美化・緑化を担当しているか看板を作った方が良いようだ。この活動の目的は、この場所が奇麗にするのは勿論の事、住民がボランティア活動に目覚めてくれて、街全体が奇麗になるようにとの活動でもある。夏場の花植えは散水が重労働になる。特に7−8月の暑さでは、殆ど毎日の水やりが欠かせない
ペチュニア.JPG日日草.JPG花植え始動2.JPG
posted by kazchamman at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狭山池博物館での花植え活動

7月5日(日)午後1時から、池博物館のレストランで花植え活動についての関係者の打ち合わせ会があった。NPOふれ愛さやまから3名が出席した。レストラン近くの植え込みに花壇を新設し花を植える活動である。今期からこの池博物館は府と市と市民の3者が、協働して運営する事になった。市民団体の引受先が狭山池まつり実行委員会である。花壇は2つの団体が受け持つことになった。どんな花を植えるかは担当団体が決めることになったので、花の植え方について女性群に話し合ってもらうことにする。
マリーゴールド一色に植え方には反対者が多いようだ。華やかなのが良い。何にもまして、NPO活動の一つである、まちづくりの推進として活動できるのは有難いことである。多くのボランティアが参加してくれたら嬉しい。
池博物館での打ち合わせ.JPG池博物館で.JPGペチュニア.JPG
posted by kazchamman at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。