2011年08月26日

東日本大震災への義援金として

3月11日、未曾有の東日本大震災が発生した。NPO法人の中でも何か役に立つことが出来ないかとの意見が出た。幸いに「3年前から始めている市内の廃天ぷら油の回収活動でリサイクル業者からお礼金が貰えて、それをプールしていた。ドラム缶一本あたり3000円を受け取っていたのが13本分で¥39,000.−溜まっていた。市内で協力してくれている人達に見えるような形でお礼をしようと考えていた。早速に市役所経由で日本赤十字社へ寄付することになった。地球温暖化防止を謳って始めた活動である。地下水道へ流して水を汚染したり、焼却してCO2を増やすより、有効に活用できれば良い。最近では市内の回収拠点(多くは公共施設内に設置)へ持ってきてくれる量が増えたのは誠に喜ばしいが、一緒に協力しようと名乗りを挙げてくれる団体が無いのは少し寂しい。無償のボランテイア活動、実際に継続するのは難しいものだと感じる。昨年度は大阪狭山市の市民公益活動促進補助金として助成をうけたが、今年は申請を控えた。NPO法人の活動の一つとして継続して行きたいが、出来れば他の団体と協働したいものである。
posted by kazchamman at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。