2010年11月07日

男性ケアマネについて

包括支援センターから電話が入り、ある利用者から「男性のケアマネ」は嫌だから代えてほしいとの話が出ているという。本当の理由は「前任の女性ケアマネが親切で、余分な仕事でも引き受けてくれたが、新しい男性のケアマネには頼みにくい」からだと思われるが、真実の追求は難しいし、又無駄である。介護保険制度下において、利用者の好き嫌いだけで交代を要求するのはいささか横暴だと思われるが、ことを荒げたくはない。また、別の事例として、女性のケアマネとヘルパーに対してセクハラまがいの言動をする男性利用者には男のケアマネの方がベターかもと考えた包括支援センターの依頼で、男性利用者を担当した。ところが、やはり女性のヘルパーに対して良からぬ言動があったらしく、訪問介護事業所から、派遣中止をしたいとの申し出があった。仕方なく、男性ヘルパーの居る事業所を選び、何とか問題解決が出来た。世の中、色々あるものだ。

posted by kazchamman at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福祉用具貸与事業所の閉鎖

11月付で、NPOふれ愛さやまの「福祉用具貸与事業所を廃止することになった。今から6年前に、この事業所の指定を受けて事業を開始したが、最近では利用者数が減り、必要人員をキープする余裕が無くなったからである。利用者が増えなかったのは積極的な営業活動を展開しなかったからでもあるが、これは活動が怠慢というよりも、NPO(非営利活動団体)だという気持ちが優先し、利用者開拓を積極的にしなかったことによる。NPOとて、企業だとすれば、企業の目的は利潤の極大化や継続性であるとしたら、営利企業ではないとの思いが活動の足かせになっているのは確かである。結局は、利潤の確保やゴーイングコンサーンを達成できずに廃業したのは失敗であった。それでも、私の心の中には、介護・福祉関連事業は営利目的で経営すべきではないとの思いが強い。
posted by kazchamman at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。