2010年07月24日

地球温暖化防止(廃天ぷら油回収)

4月18日(日)に大阪狭山市の市民公益活動促進委員会の公開プレゼンテーションがあり、NPO法人ふれ愛さやまとしてチャレンジ部門に申請していた。幸いに提案が採用された。活動は通年に亘っているので、何から始めようかと考えていた矢先に、西野善孝氏から軒先を廃天ぷら油回収箱の設置を許された。それ故この事業の第1号として、早速中岡氏と一緒に回収箱を設置した。最近、口コミが功を奏したのか、公民館や市役所南館、社会教育センターなどに設置している回収箱が一杯になる期間が短くなった。この活動を始めてからそう直ぐにドラム缶10本を回収する。下水に廃油を流すと希釈するのに20万倍の水が必要だし、それを固めて焼却場で燃やすとCO2を発生させる。
当初考えていたBDF(デイゼルオイル)に精製するのは出来ていなくて、リサイクル業者に引き取ってもらっている。タイヤや石鹸などの原料の一部に成ってリサイクルされている。BDF装置は近くにはないので当分は致し方ない。中学の同級生から勧められたこの活動であるが、
NPOの環境保全活動として少しでもお役に立てるなら有難いことである。地球温暖化に伴うと思われる異常気象が全世界的に起こっている。日本でも記録的な集中豪雨で被害が多発している。地球温暖化は深刻なグローバル問題で、他人事ではあり得ない。他の団体や市内の自治会に協力を求めて行きたい。
西野邸南の廃油回収箱.JPG  2010-07-08 18-27-20_0001.JPG
posted by kazchamman at 14:04| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NPO理事会・総会

6月も末になって、NPO法人の理事会・総会が開かれた。残念ながらNさんが欠席だったが、富田林市からは新谷理事、徳島からの石井理事や豊中から大内理事なども出席してくれた。NPO法人が発足して丸6年を経過した。17のNPO活動の内の4つを実践している。最初に手掛けたのは保健・医療・福祉の増進に関する活動としての「訪問介護事業」。その後、狭山駅前の花一杯活動、最近では「地球温暖化防止、廃天ぷら油回収活動」。この6年間、実に色々なことをやってきた。NPO活動を実践していなかったら、毎日何をしていただろうか?テニス?ゴルフ?旅行?「ボランテイアは生涯現役」そんな思いがする。4月からはレクリエション吹矢サークルを公民館で実践しているし、7月からは理事の一人が介護支援専門員(ケアマネ)資格を取ったので、ケアプランセンターを開設する。多少でも人様の役に立てるなら、我が第2の人生は大変良かった事になる。
NPO理事会.JPG
posted by kazchamman at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明け渡し裁判を依頼

土地明け渡しに関するSさんの件、色々と考えた挙句、やはり「明け渡し訴訟」が必要だと考えて、弁護士に頼むことになった。駅に弁護士を迎えに行き、当該の土地・建物を見て貰った後に、Sさんと面談。事前にSさんに説明しておいた。若い弁護士を見てSさんが最初に云った言葉は「若い。男前やね」だった。言葉には力があったし、実際に目が輝いていた。80歳を超える女性だが、女性にはこのような面があるのだと驚いた。翌日にヘルパーが訪問した時に、Sさんの姿勢と目の輝きが違うとの報告があった。次の日も訪問した2人のヘルパーの証言?でも「人が違ったようだ」私の(好み)、理想の人だとの反応があったゆだ。今度いつ来てくれるのかな?と云っていたらしいが、忙しい弁護士に何度も来てもらう訳にはいかない。この効果が何時までも続くかと期待している。
posted by kazchamman at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。