2010年04月03日

介護福祉士試験の合格

3月31日、介護福祉士の合格発表があった。当NPOの福祉委員会のヘルパーも受験。結果的に2名が合格した。今年の試験は以前の回答類型から少し異なっていて、受験者は面食らったようだ。一人は残念ながら2次試験で失敗した。「歩けないとの条件の利用者をポータブルトイレまで歩かせてしまったようだ」2次試験は面接試験なので、上がってしまって、頭が真っ白になったとのご当人の言。折角、高得点で1次試験に通っていたのに、残念だ。介護福祉士試験の受験条件が12年から厳しくなるので、今年は受験生が急増した。インドネシア介護士が日本に来ていて、2年後に受験するが、難しい日本語での試験。折角両国間の経済協力の一環として受け入れているのに、工夫が足りなさすぎる。この問題について5月15日(土)に阪大中之島センターで松野教授などの講演を聞くことになっている。
何はともあれ、訪問介護事業所に多くの介護福祉士が居てくれるのは嬉しい事である。
posted by kazchamman at 10:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。