2008年10月29日

廃食用油回収関連

先週の月曜日にNPO事務所へ田中氏が尋ねて来てくれたらしい。自分は本町の歯科医院へ行っていて留守。再訪するとの事だったらしい。本日事前に電話があり、午後1時半過ぎに来訪。狭山池畔に最近に建ったマンションの住民。まちづくり研究会の荒川さんが話をして呉れていた回収箱の設置に関連しての訪問。ご両人はマンションに理事で、マンション内での回収箱の設置の可能性についての質問が目的であった。色々情報を交換する事が出来た。廃食用油の回収活動については賛同して呉れていたが、マンション内での設置については、今の所難しいらしい。支援センターに箱を置いているが、支援センターへは入りにくい場所であるとの指摘があった。油の扱いは危険だとの話も出ていたらしい。10月30日付けのコミュニテイ誌に設置場所などついての記事が掲載される筈。                                                     
posted by kazchamman at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

まちのエコ基地

廃食油回収の新聞の切り抜きを中岡君が持ってきてくれた。滋賀県豊郷町にある油藤商事のガソリンスタンドの事が載ってある。回収した天ぷら油からBDF(バイオディーゼル燃料)を精製し、販売しているらしい。この事業は6年前(2002年)に始めた。近隣の家庭や工場の食道から出る廃天ぷら油を約1千万円かけたプラントで精製し、BDFとしてガソリンスタンドで販売している。大口の回収先に草津市にあるパナソニックの工場があり、年間7千リットルも出ていた。それまでは年間26万円の処分料を払っていたが、05年から油藤商事が1リットル1円で買い取っている。BDF1リットルつくるのにランニングコストが20〜30円、「今のところ赤字ではない」とか。自治体などの視察も相次いでいるらしい。先日、和歌山県橋本市でも「菜の花プロジェク」を実施していて、菜種の種まき作業に市からボランテイアの募集があったし、その活動に市長自身も参加していたようだ。国城地区の役員が滋賀県へ見学に行くと言っておられた。各地でこの種の活動が展開されている。主婦はその処理に困っているらしい。昨日もNPOの事務所に近所の主婦が「廃天ぷら油」を持参してくれた。この大阪狭山市で、廃天ぷら油の回収活動を先駆けとして始めたのは間いではなかった。今のところ、市の公共の施設への回収箱の設置は4か所だけであるが、各地区の集会所や個人の有志宅などへも設置してもらえば回収量は増える。手に負えなくなる程回収量が確保されたら、別途有効な提案が出来るだろう。NPOの活動としては今考えられるのはそれ位まで。
posted by kazchamman at 10:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護付老人ホームの新設

金剛さやまコミュニティ誌に、12月1日に「介護付き老人ホーム」開設の記事が載った。このホームは310号線沿い、辻本病院から少し南側に現在建設中である。池の南にある大阪南脳神経外科病院の系列。3階建て、居室は全て個室で50室。入居対象者は要介護・認知症などの人たち。入居一時金が300万円(48室)と360万円(2室)の2タイプがあるようだ。家賃・管理費・食事などの月額利用料は15万8、550円。医師による定期的な往診や緊急時に備えて24時間看護体制を敷いているし、介護保険基準を上回るサービスが用意されている。療養型施設の個室利用の費用と比較すれば、割安である。このような立派な施設が市内に出来るのは喜ばしいしこと。介護施設の利用に関しては住所地特例などもあるが、地元住民の介護保険料に大きく影響しないことを願いたいもの。
posted by kazchamman at 10:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

講演会「池尻を知る」

11月19日(水)午後2時からNPO法人ふれ愛さやまのふれ愛空間で地元の池尻地区の歴史を学ぶ会合が企画された。地域担当のソーシャルワーカー(社会福祉士)のNさんとふれ愛さやまが相談をした企画。講師は郷土資料館の学芸員。講師の派遣は「大阪狭山市生涯学習出前講座」の制度を活用。参加者は地域の歴史を学びながら、それぞれの池尻についての思いなど話が出来る会である。小さい会合だが、地域の方が参加してくれれば「地域コミュニティ」の復活に役立つ筈である。
「池尻を知る」
講師:吉井克信氏(学芸員)
平成20年11月19日(水)午後2時〜4時
場所:NPO法人ふれ愛さやま ふれ愛空間(アネックス)
参加費:無料(但し事前の申込お願い)
定員:15名程度
TEL&FAX:072-366-1917
posted by kazchamman at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

市民公益活動促進委員会

10月15日(水)午前10時から市役所で「市民公益活動促進委員会」の分科会があった。委員会ではなく、市民委員、団体の委員が出席をして意見を交換する会合。小生は第1回の会合(8月27日)には欠席だったので、委員としては初めての出席であった。実は2年前までの2期(4年間)市民委員として参加していたが、市の他の委員会などの委員をしていたら委員になれないとの規定があり、辞任した経緯がある。今回はNPO法人としての参加である。今回の委員は前とは違って大方入れ替わっていた。2年ぶりの会議だが、人が入れ替わったら何故か新鮮さが感じられる。新しい方向が出てくるのが楽しみである。出席者の内の一人である野並氏は「廃食油の回収」で色々お世話になっているお方。会議終了後にデジカメを取り出して出席6人で写真を撮った。余計なことをしたかも知れないが、小生の一期一会の精神がなせる技でご勘弁を頂きたい。
市民公益活動促進委員会(081015).jpg

posted by kazchamman at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回のてんぷら油回収

10月14日(火)、久しぶりの雨がしとしとと降る午後、電話が鳴った。福祉センター(さやま荘)と市立公民館を訪れていた中岡君からだった。公民館の入口近くに設置している廃食油回収箱が一杯になっているとの事。氏に少し待っていて貰って慌てて乗用車で取りに行った。同じ回収箱をトランクに積んで行ったのは脂が毀れたら、厄介だからと考えたのだが、心配無用だった。設置している回収箱には元々食用油が入っていた入れ物に廃油が入っていたが、蓋がきちんと閉まるので、油こぼれは無かった。回収箱に入れ替えてNPO事務所に持って帰り、用意していた「ポリタンク」に移し替えた。開始前に危惧していた「油もれ」などは、杞憂に過ぎなかった。まさに「案ずるより産むがやすし」であった。回収活動を始めてからNPO事務所に持参してくれた主婦は既に25人を数えているが、公民館などへ設置してからの初めての回収作業は大成功。今後は出来るだけ多くの人達に「地球温暖化」に関心を持ち、環境保全の意識を持っていただけるかが成功の鍵である。ボランタリー精神に富んだ団体や個人の協力を大いに期待している。
公民館の廃食油回収箱(081014) 001.jpg廃食油入れ替え作業(081014).jpg
posted by kazchamman at 16:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

廃食油回収箱設置(市立公民館)

廃食油回収箱を市立の公民館へ設置した。以前に館長などに設置の話をしていたのがやっと実現したもの。回収箱に説明書を貼付する必要があり、通常の「紙」を貼っただけだと、破れたり汚れたりするので、ラミネート加工したのものを貼付した。ラミネート作業をしている時に、器械が壊れて、買いに走ったりしたので、設置が少しずれた。公民館の入った所に、既に「牛乳パック回収箱」と「ペットボトル回収箱」が設置されているので、その左隣に置く事になった。公民館などに回収箱が設置されていることを広く市民に知って貰うことが必要。そのPRには時間が掛かるだろう。口コミが一番確実なPR方法であるが、
範囲が限定される。「ストップ・地球温暖化大阪狭山・協力会」がどれだけ広がるか見ものでもある。
posted by kazchamman at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

或る利用者さんの死

10月8日(水)、朝方に事務所に電話が入った。先月に入院された利用者のIさんが逝去されたとの娘さんからの電話。NPOが派遣しているヘルパーにも大変優しく、趣味も多くあり、2ヶ月前までは川柳なども盛んに作っておられたのに、人生はあっけないものだとつくづく感じる。享年91歳(満年齢で)、丁度1年前に1歳年下の奥さんに先立たれている。男性は奥さんに先立たれると1年そこそこで後を追うケースが多い。その反対に、女性は強い。旦那が亡くなっても、ビクともせずに旅行などをエンジョイする。精神的にも肉体的にも女性は男性より強く出来てるのだろう。理事長とヘルパーが、担当ケアマネジャーと一緒にお通夜に出席をした。ところで、映画俳優の緒方拳が昨日急に亡くなった。71歳。肝臓癌を患っておられたが、家族以外に口外しなかったようだ。役者魂なのだろう。私なら直ぐに人に云ってしまうだろうな。
posted by kazchamman at 22:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

てんぷら油回収作戦

廃食油回収箱(大小)081008.jpg市に要請していたてんぷら油を回収する箱の公共施設への配置がやっと承認されたので、回収箱の表面に貼り付ける文章を作成した。普通の紙では破れたり、汚れたりするので、ラミネート加工することにした。ところが、以前から使用していた機械が動かなくなったので急遽、購入し、貼付するものを完成させた。支援センターでも、ITを駆使してPRしてくれると云うので、写真を撮って送信しておいた。公民館や市民活動支援センターなどに配置することを広く市民に知っていただく為に、当地でよく読まれている金剛狭山コミュニテイの記者にも送信済み。この運動の今後の展開はどれだけの団体や個人が「地球温暖化」に対して関心を持ち、協力してくれるかに掛かっている。誰かが勇気を持って始めないと何事も前に進まないものだ。NPO法人にとって物凄く大きなリスクでも無いのでやって見る。
posted by kazchamman at 22:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。